FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
Illustratorの「ウェブ用に保存」でよけいな枠ができてサイズが合わないときに
 Illustrator CS3。作成したオブジェクトを「ウェブ用に保存」しようとすると、オブジェクトの周りに空白のスペースができて、サイズドンピシャで書き出せない。イラレから直接ウェブ用に保存はしないので、わけがわからない。

スクリーンショット(2010-07-09-17.27.20)

 すべてのレイヤーのすべてのオブジェクトのロック解除を確認し、孤立点だの透明オブジェクトだののないことを確認。どこにも空白スペースを形成するオブジェクトの存在があるとは思えない。

 「ウェブ用に保存」についてのトラブルを調べると、環境設定→プレビュー境界について知る。↓こちらの記事を参考にしました。
http://illustrator-labo.com/?p=16
 これにチェックを入れると、はたしてオブジェクトの周りに空白が。しかし、なぜ?
スクリーンショット(2010-07-09-17.27.06)
 なぜかはわからないが、バウンディングボックス先生がお目見えする。こいつの枠でウェブ保存しようとしてる、この人。たぶん、「効果」をかけてることが影響してる。オブジェクトの外側になんか出てくるドロップシャドウならわかるけど、そうでもないみたい。まあ、考えても仕方がない。
 それでどうしようかというと、ふだん印刷物とかで使ってるやつじゃなくて、オブジェクト→トリムエリア作成、これ。切り出したいサイズのオブジェクト作って、さっきの困った子の上に被せて整列させて、トリムエリア作成。これでトンボ先生ができる。その上でウェブ用保存したら、ピシッとなる。新規ファイル作成で「Web」を選ぶのと一緒やね。あ、1pxのズレとかは、上のリンク先様にて解消されますので。
スクリーンショット(2010-07-09-17.28.34)
 まあ、こんなもんだろ。正直、なにがどうなってこうなったのかわかんないけど、やったねたえちゃん。
スクリーンショット(2010-07-09-17.28.54)

 まあ、わかんないけど、できればいいんだ。そういう局面もある。だったら、もうちょっとサクッとやる方法もあっただろうか。とっととPhotoshop持っていくとか。まあいいや、それじゃ。
スポンサーサイト
[2010/07/09 17:41 ] | Mac
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。