FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
荷下ろし手伝ったら日本社会の問題点見えたで
IMG_6807.jpg

 最近というか、しばらく前にこのような本を制作いたしまして、これの納品が当社本社にあったのでした。
 ぶーんとトラック一台に乗ってきてね、これが大量に。
 それで運転手のおっさん、「え、マジ二階? エレベータねえの?」みてえな話になって。
 「いや、ねえし」って。
 つーか、こっちは印刷会社さんにも「うち、エレベータねえし」って言ってたし。
 それで、印刷会社さんもそういうのは伝えてたらしんだけど。
 だけど、まあ荷物がこっち来る間に、そういうのは伝わらなくなるし。
 まあ、なんだ、運送業界も苦しいだろうしさ、本来二人じゃなきゃいかんところ一人でいいだろ、みてえな、たぶん、そういうのあるし。
 それでもう、この1tくらい(?)の荷物、おっさん一人が荷下ろし&二階運びやったら、半日かかるよ、みてえな。
 それでまあ、うちとしては、ビジネスライクにドライに割り切れば「がんばってねー」で終わりだけど。
 まあ、やさしいアスコットさん、手伝ったね。
 この俺もね、650kg分くらい運んだね。汗だくよ。肉体労働よ。
 そんでまあ、なんとか終わらせたんだけど、どうよこれ。
 なんだろうね、なんつーかね、いろんなもののしわ寄せというかね。やっぱりそれは、いちばんの末端に押しつけられるんだけどね。ただ、これもね、たとえば依頼主という立場でいえば、こっちも上流になるわけやし、だいたいわれわれの受けてる日々のサービスいうものは、こういうところのしわ寄せによって日々改善されてるのやろうけど、まあ社会全体からしたらそれが改善か改悪かわからんてなところもあるやろうね。
 それで、今回わしらが手伝ったことも、果たしてそれでええのんかというところもあって、筋を通すという意味では、おっさんが一人でやるか、あるいはおっさんが会社に掛け合って「人よこせ」言うところやろう。
 だいたい、ここで、一人の運転手でこんだけの作業をこの時間でできてしもうたという実績を、運送会社が認識してしまうのがあかん。次からも同じことや。わしらみたいに手伝えるケースばかりやないやろう。
 だから、こう、善意や努力が構造やシステムの悪癖を温存させてまうことがあるんや。夕張の村上医師の話もあったけど、あれやって根っこには似たようなところがあるはずや。

なぜ私は救急患者の受け入れを拒否したのか北海道・夕張の村上医師が救急対応の報道に反論

 システムが死んどるのに、そのゾンビみたいなのが、村上医師みたいな立派な人の善意と能力で死に体ながら続いてしまうという皮肉やで。これによって今はええかもしれんが、根本の解決はなされんまま、もっと取り返しのつかんところまで行ってしまうのんや。
 でもな、さりとて、その場の善意や努力を否定して原理原則主義では生きておられん。これむずかしいわ。
 なんで関西弁なってるかわからんわ。
 ほな。
スポンサーサイト
[2010/06/09 11:40 ] | ニセ社長雑記
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。